SIND BADのトレジャーボックス

宝石店「SIND BAD」の宝石のお話
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
SEARCH
スマートフォン

SINDBADスマホ

バンコク ジェム&ジュエリーフェア

今年の2月のバンコクジュエリーフェア

たまたま、バンコクに出かける用事があったので立ち寄ってみた。


かれこれ20年以上前から時々このフェアにはでかけているが、日本人業者が年々少なくなってきている印象。
タイが国をあげて、この宝飾品トレードフェアーをバックアップしている為、他の国のジュエリーフェアでは
考えられないようなサービスをつけている。

例えばこのタイマッサージ パビリオン。


中ではこのような上質のマッサージをうける事ができる。

もちろん無料。

美味しいランチブッフェをご馳走になり、午後は気持ちの良いマッサージを受けて、思いがけず爆睡。

これでは何をしに来たのか、、、

 


 


婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

今、多く出回っているボケた感じのグランディディエライトについて


先日、大きな展示会を見に行った時にグランディディエライトがたくさんありました。

結論から言いますとかなり低品質の物ばかりでした。
色がボケたような、薄くて全体にはっきりしない、そして、テリ輝きもない魅力のないものでした。

いかに希少石と言うふれこみであっても果たしてあれで、宝石、美しいものとして認識されるかは疑問です。


私の知人で初めてグランデディエライトを見た人が「あんなにいっぱいあって、綺麗でもないしどこが希少石なのかな」とつぶやいていました。それが正直な感想だと思います。

しかしそれに対して私は「まだ日本にはほとんど入って来てないようですが、あんな色ではなく、テリがあって、輝きがピカピカの本当に綺麗な、ちゃんとした物があるんですよ。今度私のを見せてあげますよ。」と言うと、
「へえーそういうのならいいけどね」と大変興味ありげでした。


あの魅力的でもなく、美しさも無いようなグランデディエライトを見た日本の消費者に、希少石とは言ってもグランデディエライトって、大したことないなんて思われてしまうと、チョット、良くないなと思ってしまいました。

 

 

グランディディエライト

 

 


婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

パライバを買おうとする人が気をつけた方がいいこと

 パライバトルマリンのネオンカラーそしてエレクトリックブルーって何だろう?

 

インターネットで宝石の知識を得る事、それは大変便利な事で役に立つ事だと思います。

しかし、時としてそれは言葉、単語のみの知識であり実態とは少し、あるいはかなりズレた物になっている事があるのです。

特に確かめようの無いもの、実際のサンプル、見本、標準となるものが示されていない場合がそれです。

 

例えば、パライバの「ネオンカラー」はその例の1つです。
まず、ネオンカラーとはパライバの最高級をさす代表的な形容です。

では、ネオンカラーとは具体的にどう言った色で、その許容範囲はおおよそ、どこからどこまでなのだろうか?

ネオンカラーとは、はっきりした定義はなくそれについて書かれた物は見た事がありません。

つまり、ネオンのように見えるのがネオンカラーです。と言う事になるのです。

でも、ネオンって具体的には?

ここで困った実例として、メールでの質問で「その商品ネオンカラーですか?」という問い合わせです。

ネオンカラーといっても良いし又、それに近いところに入るぐらいの色なんだけど、どう答えたら良いもんだか?

 

以前ある人から見せて貰ったパライバが「ネオンカラー」と言われて買ったそうですが、私にはそれはネオンカラーに入るとは思えないものがあったのです。
こうなると、問題になってくるのです。

 

では、ブラジル産のパライバを長期に渡って取り扱っている、同業者同士で共有しているネオンカラーについての感覚的なものを、いくつか述べてみます。

1 必ずしもネオンのように、内側からピカピカしているとは限らない。
2 色がどちらかと言うと天然のものと言うより、人工的に作ったような今までのナチュラルな宝石、一般的な宝石には存在しな かったような不思議な色。

 言いにくい言い方をすればイミテーションぽいような色が、含まれている。

 これは酸化銅(Cuo)が関係しているからです。
3 ブルーとグリーンが混在して、それらが内部でボーっとした蛍光色のようなものになっているもの。


付け加えるならば、ネオンカラー(蛍光色)で内部インクルージョンのないものを期待すると言う事。それは、相反する両立しえないものなのです。

さらに、エレクトリックブルーとはその中でブルー系の色が強いものを指します。

そして、問題なのはそれらが今やほとんど出回ることが無く実際見て確かめられない事です。

 

 

シンドバットのパライバトルマリンはこちらから
paraiba banar

 

                                 


婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

パライバの歴史

パライバは日本ではいつ頃から販売され、そしてその名が認知されたのでしょうか?


まず、弊社ではどうだったのかについて、お話します。

シンドバットの店頭で最初に販売したパライバは、隣接する町から来たカップルにでした。

婚約指輪でダイヤモンドを買うつもりが、パライバに目が留まり「ウワッ、きれい」と感嘆の声を上げすっかり魅了されてしまいました。
そして、始めて見る不思議なブルーグリーンの石を嬉しそうにお持ち帰りになりました。

このカップルが後日、来店された時に「市内のデパートや他の宝石店に、この指輪を見せても誰ひとり、この宝石の名前を言える店員さんはいなっかた。」と言っていました。

それは今から25年前1992年のことでした。
価格は、0.45カラットのプラチナ台のもので25万円。
もし、今現在2017年でしたら同じ物が120〜150万位でしょう。
そしてよく、パライバを日本で一番最初に日本に紹介して、取り扱ったのは誰なのか、ということが話題に上ります。

「それは、私です」と言っている人がいるようです。

実際にはブラジルの宝石、パライバも含めた多くの宝石を日本に最初に持ち込み紹介したのはブラジル移民日系人、あるいは日本とブラジルの二重国籍の人達です。
特にパライバに関しては日系移民のW氏と言う人ではないかと言われています。

W氏がバターリャ産のパライバを1988年頃から大量に扱い、そしてそれをブラジル宝石の先駆者と言われるX氏(この人もブラジル移民です)を通して日本に広く流通したようです。

W氏は日本とブラジルミナスジェライス州両方に事務所を持っていた人でした。
この種の人達はあまり表には出てこないのです。

ましてや、日本に最初にパライバを紹介して販売したのはこの自分です。などと言う事は決して口に出したりはしないものです。


これが現在もブラジルと日本を行き来している宝石に携わる人達の意見でもあります。
いずれにしてましても、その当時はこれほどまでに、貴重な宝石になるとは予想しなかったことでしょう。

婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

パライバ編 美しい宝石にキズ、インクルージョンはつきものです。

これがパライバになると、もっとキズインクルージョンは多くなります。

パライバで、アフリカのモザンビーク産のものは、パライバ独特の美しさ、あの妖艶な美しさがなく、魅力にかけるものがほとんどです。

しかし、キズインクルージョンは少ないものが多いのです。

 

 それに対して、ブラジル バターリャ鉱山産の上質なものは、本来の蛍光色を含んだような、あやしげな時として毒々しく絶対にパライバにしかない美しさがあります。

しかし品質の色を持つものは、インクルージョンが多かれ少なかれ必ずあります。

 

では、それらはダメなのかと言うとそんな事はありません。

それこそ人がそのキズインクルージョンをどこまでが許容範囲として認識するか、それを気にするかしないかそしてその石全体の美しさを総合的に判断できるかどうかにかかってくるのです。

 

他の色石もそうですが色の特に美しいものであればあるほどインクルージョンがあり、魅力にかける色で、たいしたことがない石ほど、それが少ないと言う事が非常に多いのです。

 

パライバであればネオンカラーのきれいなもの、あるいはプールブルーと言われる最高級で1カラット500万〜600万クラスと言う信じられないような値段のものでも、キズ(インクルージョン)は、はっきりあるものです。

 

クラスのものを、あまりパライバを見た経験のない人に見せるとわざわざ必要の無いルーペなどを持ち出して得意気に「キズがここにある」など言われると見せた方としてはがっかりする事があります。

それは色石の見方、宝石を美しいものとして選ぶという事とは違うことで違和感を覚えます。

 

色石に鑑定書はつけられないと言う事は、色が単に薄ければダメで色が濃ければ良いと言うような単純な理由だけでなく、キズインクルージョンがすくないものでも、ダメなものがありキズインクルージョンがかなりあったとしても色が特別に美しいものがあるからなのです。

 

http://store.shopping.yahoo.co.jp/jewelry-sindbad/ring-paraibatourmaline-1032.html


婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

美しい宝石にキズ、インクルージョンはつきものです。

美しい宝石にキズ、インクルージョンはつきものです。

もちろん、無ければ無いほど良いに決まっています。

 

宝石解説書の名著といわれる本によると、「キズは美しさを損なわぬ限り、気にする事はありません」とあります。

また、「気にならない程度なら問題ありません」と書いてある本もあります。

まったくその通りですが、気にならない程度とはいったいどの程度を言うのでしょうか。

買い付けで原産地に足しげく通い、朝から晩まで石を見ていると、どこまでが許容範囲かという事が感覚でわかってくるのです。

これがいわゆる宝石のプロ、あるいはそれ以上の宝石バカなのです

ところが一般消費者、特に初めて宝石を買う人にとっては問題なのです。
どこまでが気になって、どこまでが気にならないか。
大金を払って買う人にとっては神経質にならざるを得ないことだと思います。

 

★ 今回はサファイヤのキズ(インクルージョン)について

色が良くて透明感もあり、しかも非加熱サファイヤ!
素晴らしい石だと言って販売した石が後にクレームの対象となることがあります。


それはとても小さなインクルージョンでした。
それも、やっと探してみつけられるぐらいの小さなインクルージョン。

その程度ならまったく問題ありません、と言おうものなら炎上どころか逆上することさえあります。

非加熱で色の特別きれいなセイロンサファイヤにはよく見られるものなのです。

ところで、「私のサファイヤはキズがないの」と自慢なさる方がいらっしやいます。
セイロン産の価値が低く、原石が白濁しているサファイヤ(ギウダ)は、白濁をとることによって、青く透明なサファイヤに変身するのです。

加熱処理をしたサファイヤを業者は「バンコクものサファイヤ」と呼んでいます。
初期のころ加熱処理の技術が格段に優れていたのがタイのバンコクだったからです。

余談になりますが、今はスリランカでも加熱技術が進歩を遂げています。


この加熱サファイヤでインクルージョンを見つけることは、かなり難しい。
その為、日本ではクレームが来ない、しかも利益もかなり取れるということで都合が良い宝石でした。

本当に良質、高品質の非加熱サファイヤは現地スリランカで高値で取引され、主に、ヨーロッパ、特にスイスとドイツそしてアメリカの業者が買取り、日本に回ってくるものは、ごく一部でした。

欧米では、少しぐらいキズ(インクルージョン)があっても「イッツ、ナチュラル」と言って問題になる事はまずありません。
これが宝石の世界常識であり、先の宝石解説書の名著を書いた人の言う事なのだと思います。

 

ここ近年は日本でもマニアックな宝石愛好家で、インクルージョンに理解のある人が、かなり増えてきています。


婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

パライバトルマリン バターリャ鉱山で大事件

ブラジル産パライバの今後の産出についての見通し

今年、ブラジルのバターリャで大事件がおきた。

現在バター リャの鉱山には9人のオーナーがいます。そのうちの7人が、脱税 、違法操業で逮捕されてしまった。ただでさえ、産出が少ないバターリャ産パライバが、今 年そしてこれからどうなってくかは不透明であり、悲観的でもあります。

その中の違法操業と言うのはもともとパレーリャス鉱山地区の採掘許可を持っていたものが、バターリャ地区で無許可で操業していたところを摘発されてしまった。おまけにこれがアフガニスタン人で、国際テロ組織アルカイーダへの資金とも言われそしてその関与が言われている人物。

そして偶然にも昨年の後半、この無許可鉱山で最近では見たこともないような素晴らしい一級品のパライバの1カラット 2カラット3カラットの息をのむような美しい夢のようなパライバが出て、かなりの高額で取引されたと言う事である。

現在、同地区ではパライバの原石を所持する事をためらう業者もいて、香港、バンコクに一部流れたとも言われ、あるいは現地の業者でもそれを持っているからと日本の知り合いの業者へ連絡をよこす者もいる。


断っておくが、私の友達の友達はアルカイーダではない。
私の友人にそのような者は一切いない事を明言しておきます。




JUGEMテーマ:ジュエリー

婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

パライバの蛍光色 皆で考えよう!

JUGEMテーマ:ジュエリー

パライバの「蛍光色」と言う言葉については、以前にも触れた事がありました。

この「蛍光色」という言葉は宝石の愛好家、宝石通を自認する人たちが感覚的に使っていて、その範囲があいまいなアバウトな言葉です。

この他にもネオンカラー、エレクトリックブルーと言う表現もあります。

確かにそう言った形容を使いたくなるようなものは間違いなくあります。

しかし、あるともないとも言えるようないわゆるグレーゾーンのものも存在します。

これを個人的なレベルで言っているなら問題はないのです。
 

ただし、ネットを見た人から質問で「このパライバは蛍光色ですか?」とか「ネオンカラーですか?」の問いに対して売る側(自分も含めて)は、「はい、ネオンカラーです。」と答えて良いものかどうか?ここが問題なのです。
 

売る側を信用し購入を決めたお客様が「どこが蛍光色なのか?そうとは思えない。」と言った場合、売る側は事実と異なる事、つまりウソを言った事になるのか?
 

先日、アフリカ産のトップクラスのパライバ、つまり色の濃いのを妻に見せたところ「蛍光色はあると思う。」と言うのには驚いた。
他の社員は「ないと思う」であったが、私は「まったくない。」と思った。

 

蛍光色と言う言葉をそのまま解釈するなら、ボーッとしたような感じが内側からすると言うことです。

言葉でこの色の感じを表現しきれない人達が、最初に使った言葉だと思います。

ブラジルパライバは1990年代に最初のブームを巻き起こしました。

これはあくまで私の個人的意見ですがこのブームは、天然宝石ではありえない様な色合い、偽物にしかないような特徴が自然界で天然物のなかに存在するという驚き、このシンプルな驚きだったのではないでしょうか。
 

宝石を業とする者にとっては、タブーとされる表現「まるで、人工的な偽物のような美しさ」この言葉を使わない表現、それが「蛍光色」と言う分かりにくいような言葉にはつながっているように思うのですが、いかがでしょうか?


婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

パライバトルマリン産地の見分け方

パライバトルマリンはどうしてアフリカ産とブラジル産の色の差が出るのでしょうか

ブラジルバターリャ産パライバはその特徴的な色を形容する言葉として、蛍光色あるいは発光色などと言って、アフリカ産には全く存在しない、パライバ本来の魅力的な特徴をその言葉で表現しています。

この特徴的な色は最近の分析報告書である程度まで物理的に証明されるようになりました。
それはCuo(銅)の含有パーセンテージです。アフリカ産のものはこれが0.4%(0.1-0.8%)前後ですが、ブラジル バターリャ産のものは1.4%以上含まれています。
これが決定的な差なのです。
弊社のネットを見た方が最初に質問されるのが「あのパライバ綺麗に見えるんですけど、銅のパーセンテージを教えてください。」これなのです。
パライバマニアの間では、これは常識となっているようです。なぜならパライバマニアは2個目、3個目のパライバを探しているのですから。
ブラジルバターリャ産パライバの独特な色は「魅力的」という言葉だけでは言い表せない色なのです。




 

婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |

パライバ好きは、本当の宝石好き

JUGEMテーマ:ジュエリー

最近、熱心なパライバファンの方からちょくちょくお電話を頂く事があります。

シンドバッのパライバの写真を見た方々です。

「どう見てもブラジル産バターリャ鉱山のきれいなパライバだ。」

「デパートで見たアクアマリンのようなパライバとは、全くちがう。」

そして、有難い事に「その割に、値段が良心的ですね。」と、数名の方が言ってくださる事は 手前ミソでありますが正直、うれしい。

そしてパライバファンが私にとって嬉しいのは,インクルージョン、内部キズをうるさく言わないことです。たくさんパライバを見ている人は、インクルージョンが多少あっても魅力的な色である方が そうでなくて、インクルージョンが少ないものよりはるかに価値がある事を知っているのです。

一時出回ったアフリカナイジェリア産、モザンビーク産のパライバ色味は毒気を抜かれたような色で、インクルージョンは非常に少ないものが多かった

ところが、ここ最近のアフリカ産は色はアフリカ産の色味なのにインクルージョンが多いものばかり出回っています。

ブラジル産 バターリャ産の方が、どうしても美しく魅力的であり、目に焼き付くのです

パライバリング
 


婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |
<new | top | old>