SIND BADのトレジャーボックス

宝石店「SIND BAD」の宝石のお話
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
SEARCH
スマートフォン

SINDBADスマホ

<< 新しいグランディディエライトの買い付け | main |

パライバの恍惚と不安

JUGEMテーマ:ジュエリー

昼間、日の差し込んだ部屋で高品質のパライバを手に取ったり眺めていると、幻想的なその美しさにうっとりしてしまい、時が経つのを忘れるほどです。

2〜3年前までは産出量が少ないと言われながらも、まあまあの量が産出され、その中にはトップクラスの品質のものも。
そして値段も高いとはいえ、どうにかぎりぎり手が出せる価格でした。

しかし今や本当のトップクラスのもの(例えばプールブルーと呼ばれるようなもの)は見かけることがなくなり、
その次のクラスのものでさえも、良いものは非常に少なくなってしまっている状態です。

0.432ct バターリャ産パライバトルマリン

 

私はこのパライバトルマリンの現状を考えていると、どうしてもピンクダイヤの事と重なってしまうのです。

現在ピンクダイヤは今や完全な絶滅種になってしまいました。
15〜6年前でもかなり少なくなってしまい、この先どうなるのだろうかと不安な将来を思い悩んでいたものでした。

 

ついにパライバがそれと同じ状態になってしまいそうです。
ほとんど一般の宝石店ではブラジル産の美しいパライバを見る事が出来ず、
パライバの色を言い表すときに使う、「ネオンカラー」「バターリャ産」「蛍光色」「ブルー系の色が質が良い」などの形容詞。
これらはインターネットで手に入る知識であり、実際に目にすることは出来ない状態になってしまいました。

(ネットで過去にあった美しい画像を見る事は出来ますが)

こんな心配、不安を抱いているのは私だけではなく、おそらく20年以上の長きにわたり、このパライバと関わって来た人達ならば、同じような気持ちではないでしょうか。

 

バターリャ産パライバトルマリン 0.459ct

 

そう言えば去年(2018年)の夏頃、来店されたお客様はお知り合いの方が綺麗なパライバを最近買われたそうで、その値段が家一軒分ぐらいだったと言ってました。でも家一軒分って一体いくらの事なんでしょうかね?


婚約指輪など宝石のお問合せはこちら

ジュエリー・ベビーリングSINDBAD楽天市場店はこちら

| SIND BAD | カラーストーン | - | - |